美肌効果が得られるヒアルロン酸を注入してほうれい線を無くす

しわに効く治療法

鏡を見る女性

施術の特徴とメリット

ほうれい線を消したいと思うなら、セルフケアに頼らずに美容整形を利用するのが手っ取り早い方法です。ほうれい線があると老けた印象を与え、表情も暗く見えます。最近では施術後すぐにしわが改善される方法もたくさんありますし、ダウンタイムの短い方法もあります。体への負担が少ない方法も増えていますので、悩んでいるならまずは診察を受けてみることが大切です。ほうれい線を改善したい時によく選ばれる施術の一つにヒアルロン酸注入があります。ヒアルロン酸は元々体内に存在する成分ですので、注入による副作用の心配がありません。若いうちはヒアルロン酸の量が不足するようなことはなく、肌はピンと張って潤いがあるのですが、年齢を重ねると共に現象していきハリが失われます。足りなくなった分を注入して補うことにより、その部分の肌質を改善しながらしわを伸ばすことができます。ヒアルロン酸注入では量が大事であり、注入し過ぎないことで自然なハリを実現します。再生医療を利用したしわ伸ばしもあります。ほうれい線の場所に成長因子を注射することでその部分の細胞を活性化させてターンオーバーを促進し、しわを改善することができます。肌自体を若返らせる作用がありますので、アンチエイジング対策全般に利用できる方法として注目されています。ただし、再生医療を活用したしわ対策はまだ始まったばかりですので、治療の効果や変化が読めない部分もあります。結果を安定させるためには、数回通って様子を見る必要があります。

フェイスストレッチも大事

ヒアルロン酸の注入や再生医療を活用したしわ伸ばしは非常に有効な手段ではありますが、根本的な解決を図るためには衰えた筋力を取り戻さなければなりません。表情癖によるしわは顔の筋肉を動かすことで悪化させてしまう可能性もありますが、ほうれい線の場合は顔全体がたるんでいることが多いのでフェイスストレッチが効果的です。フェイスストレッチを行うにあたり、正しい方法をマスターしなければなりません。顔にも体と同じように筋肉がありますが、使わないと少しずつ衰えていきます。最初は普段使わない筋肉を使うことで辛いと感じるかも知れませんが、慣れてくると筋力がアップして簡単にできるようになります。効果が現れてくると顔全体がリストアップして若々しい印象になりますし、細かなしわもできにくくなります。ヒアルロン酸や成長因子の注入を定期的に行いながらフェイスストレッチを継続することで、しわのできにくい状態が作られます。また、施術の効果が長持ちするようになりますので、通う間隔をあけることができ、メンテナンスも楽になります。筋肉量がアップすることは、肌代謝を活性化させるという面でも良い効果を発揮します。筋肉量が増えると血流が良くなり、必要な栄養素が隅々まで運ばれるようになります。その結果、細胞の働きが活発になってターンオーバーが順調になりますので、肌の若返りが期待できます。ターンオーバーの正常化はほうれい線の改善にも有効であり、顔全体の透明感が違ってきますので見た目も大きく変わります。