美肌効果が得られるヒアルロン酸を注入してほうれい線を無くす

自分に合った方法が大切

カウンセリング

できやすい環境がある

ほうれい線とは人の顔の鼻の両脇から唇の両端に向かって伸びる線です。ほうれい線は頬の境界線となっていて、顔の印象を左右するとも言われており、ほうれい線ができる要因にはいくつかの事が挙げられます。まず一つ目は加齢に伴う肌のたるみです。年齢と共に顔の筋肉量や水分量が減少するので重力により肌が下がるとほうれい線ができやすくなると言われています。また体質としては、痩せている人に多いといった統計も出ています。二つ目は生活習慣による影響です。近年はパソコンの普及によりデスクワークが増加していますよね。デスクワークを行っているときは同じ姿勢を取る割合が高く、循環が滞りやすくなってしまいます。そうすると全身に老廃物が溜まりやすくなるので、顔の筋肉や肌への影響も出る可能性が高くなります。また仕事の内容によって差がありますが、顔を動かす機会が少ない人ほどほうれい線ができる割合が高くなっています。顔は約20種類の筋肉から構成されていますが、普段の生活の中で動かす筋肉は、その中でも数種類程度です。そのため動かさない筋肉の割合が多いと肌がたるみやすくなりほうれい線ができやすくなってしまうのです。三つ目は乾燥や紫外線といった外部の刺激です。私達の顔は外気にさらされやすく、影響を受ける事が少なくありません。外部の刺激は様々な物がありますが、特に乾燥や紫外線は、肌への影響が大きくほうれい線にも関与しています。ですから肌を守る対策が大切であり、現在は数多くの商品も販売されています。この他にも骨格が影響している場合もあります。さらに、ほうれい線を予防する為には自分で行うケア方法もありますが、近年は整形によってケアする方法も注目されています。

治療を受ける時の注意点

ほうれい線を改善する為の専門的な方法としては、大きく分けて四つの方法が挙げられます。一つ目は糸を使う方法です。体への影響が少ないと言われている特殊な糸を用いて、たるんだ皮膚を持ち上げて皺を改善する効果があります。糸を用いた場合は、即効性があるので施術後すぐに効果を感じやすいと言われています。しかしこの方法は、専門家の中でも難しいと言われているので、行う時はどの専門家を選ぶのかが大切な要素となってくるでしょう。二つ目は皮膚の深い部分を縫う方法です。皮膚は三つの組織から構成されており、その一番深い部分に働きかける方法です。縫う場所は施術者によって異なりますが、一般的にたるんでいる部分ではなく、そこからつながっている部分を持ち上げる事が多いので、広い面積の肌のたるみを改善する可能性が高くなります。三つ目は特殊な成分を注入する方法です。特殊な成分は年々研究が進められており、近年ではアレルギーが起きにくい成分での開発に伴い、施術を行う前に検査をしなくてもよくなってきています。肌に成分を注入する方法は、皮膚になじみやすく安全性が高い方法ではあるのですが、持続性が短く定期的なメンテナンスが必要です。また場合によっては、注入した部分が膨らむ事もあるので注意しましょう。四つ目は熱を使う方法です。熱を用いて肌にダメージを与えて、生来人間が持っている回復力を利用します。熱を用いた場合は、他の三つの方法に比べて安全性が高いのですが、効果を感じる為には平均して約半年はかかるとされているので長期的に行う必要があります。